遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

背中で語る
e0160262_22364233.jpg猫。
冬太りも可愛い。
ふっさふさよりも
短毛のほうが好き。

明日、雪降るのかな。
寒い寒い。


フィギュア良かった♪
大ちゃんも
殿も
こづくんも。
フリーが楽しみだ。
[PR]
by origanese | 2010-02-17 23:05 | Animal | Comments(4)
Commented by わた at 2010-02-17 23:47 x
あぁぁ
たくましい.. これぞ野犬
Commented by ゲキト at 2010-02-19 08:55 x
このネコは、なかなかの人たらしです。さりげなくすーっと身を寄せてきて、するりとかなりの圧で背中を、こっちの脛にこすりつけてくるので、一挙に親愛の情を湧きあがらせてもらうのだ。それでいて、あとこびる風でもなく、近づいて頭でも撫でてやろうかという思いを持ちかけようとすると、こっちの気持ちを無視して、プイと次の目標に向かって歩み去っいく。
しかたなく気持ちを抑えかかってる所に、不意にまた駆け寄ってきて、
その背で前以上の力を入れ脛を二度三度と撫でつけてきたりする。不可解且妙な手だれ猫。でもどこかでこれに似たような人に出会った気にさせてくれる。
ところで雄か、雌なのか、寡聞にしてそれを未だ知らないのです
Commented by origanese at 2010-02-19 23:55
ゲキトさん、
ミースケは雄です。
こいつが人間の言葉をしゃべったらさぞおもしろいでしょうねw
Commented by origanese at 2010-02-19 23:56
わた氏
またこいつに会いにおいで。
<< 喫茶去 絆創膏 × CHOCOLATE >>