遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

月の湯古本まつり
e0160262_21161954.jpg昭和8年創業の月の湯。
木造破風造り建築、
浴場には富士山のペンキ絵、
床は六角形のタイルと、
昔ながらの銭湯をまるまる使っての古本市。

けっこう賑わってたし、
客も主催の人とかも
全体的に下町っぽくてよかった。
[PR]
by origanese | 2010-04-04 21:20 | BOOK | Comments(3)
Commented by takane-e at 2010-04-05 00:14
ホントは教会終わってから行く気だったんです。タイミング逢えば遭遇できたりして^^;なんて想ってました。もちろん本にもお風呂屋さんの建物にも富士山の絵もタイルにも興味が♪
でも担当の事務仕事が終わらず…教会出る頃には皆さんが入浴始めちゃう時間でした(爆)残念★
Commented by ゲキト at 2010-04-05 08:33 x
 私が中学生時代までおふくろと通ったのは、こんな銭湯で
した。家からここまで徒歩約15分の往復、冷え込む冬の
夜はきつかったですね。
 その銭湯の名は、「鴨の湯」、番台に座っていた家族の
顔までくっきり覚えてます。
 建物がそっくりなのにびっくりします。懐かしいなあ!
お袋が女湯、別れて男湯に一人で入る用になったのは、
幾つぐらいだったなおかしら・・・・。

 takane-eさん、教会へ通われているとか。
すごく関心を持ちました。ひょっとして繋がる
かも知れません。
Commented by オリガネーゼ at 2010-04-06 21:44 x
たかねぇさん
お会いできず残念ですー。
お互い、アイコンの小さい写真を頼りに遭遇できたら面白かったですね(笑)

ゲキトさん
確かに、銭湯の建物って独特ですね。
たまに銭湯帰りの人とすれ違いますが、冬は大変そうです。
<< 安全運転 さくらの浜離宮 >>