遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Apricot-girl
『蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (室生犀星)』

『蜜のあわれ』は、栃折久美子氏が金魚の魚拓を取って装丁に使い、
これをきっかけに編集者から装丁家に転身したらしいという話を知ってから
ずっと読んでみたいと思っていた作品。

講談社文芸文庫版には、
このときの犀星と栃折氏のことを私小説風に書いた『火の魚』も入っている。
e0160262_228433.gif

[PR]
by origanese | 2010-04-08 22:43 | BOOK
<< アール・デコの館 安全運転 >>