遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「アガサ・クリスティー展」~ミステリーの女王 その軌跡~
e0160262_21382422.jpgアガサ・クリスティー展」に行きました。

私にとっては、クリスティーと言えば
David SuchetのHelcure Poirot。

あとは、クリスティー文庫。
なぜか一般の文庫より背が高く、
出来合いの文庫用ブックカバーに
収まりません。
文庫用のを一旦開いて、
5mmぐらい広げて被せていました。
書店員泣かせの文庫ですよ。。


←この看板、本の形で素敵。


"These little grey cells.
         It is up to them."
[PR]
by origanese | 2010-04-11 22:56 | Museum・Gallery | Comments(2)
Commented by ゲキト at 2010-04-11 23:16 x
 文庫本は一定した大きさを保有してると思いこんでました。
そう考えてる当方が考えなおさないといけないことって、世に
はあるんですね。
 木の幹は茶色で、葉は緑だという概念を砕くのは容易ではないです。
Commented by origanese at 2010-04-13 22:07
ゲキトさん
各社、同じ高さにしてくれたほうが助かるんですけどね。。
<< ひとさじの贅沢 散歩日和 >>