遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

すみません、バッグじゃなくて布団たたきなんです。
e0160262_013046.jpg

e0160262_0132230.jpg駒込大観音こと光源寺境内で公演中の、
水族館劇場の「恋する虜」を観劇。

なんだかものすごかったw
これは言葉で説明するのは難しい。
観た人にしかわからない。
とりあえず、観に行ってよかった。

どっからあんなに水が出てくるのか。
アングラ系って何だろう。


ちなみに、光源寺は
近所に住んだ夏目漱石も小説『三四郎』の中に
描いているらしいです。
[PR]
by origanese | 2010-06-06 00:26 | 旅行・散歩・食べ歩き | Comments(2)
Commented by origa-56 at 2010-06-06 05:37
三四郎が、広田先生、野々宮さん、美禰子さん、よし子さんたちと団子坂の菊人形展を見にいく途中、大観音の前で物乞いをしている乞食に出逢います。その前を通り過ぎたあと、自分はなぜ立ち止まってお金を恵んでやるどころか、むしろ不愉快な気分になったのかを考えるところがある。団子坂まで近いんだ。
Commented by origanese at 2010-06-06 22:52
団子坂を登りきってしばらく歩くと光源寺だよ。
<< 谷根千界隈の文学と挿絵 展 駿河なる 宇津の山辺の うつつ... >>