遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

世界報道写真展2010・古屋誠一メモワール.・「侍と私」展
写真美術館行ってきました。
いつもよりちょっと長めの記事でお届けします。

まずは「世界報道写真展2010」。
一般ニュース部門の中では、アフリカ諸国の写真が、かなり衝撃的でした。
イランやパレスチナ・イスラエルは、衝突の原因など知識もあるし明文化されてるけど、
アフリカの問題はもっと“人間の狂気”とか、言葉で説明できない部分が多いように思います。
背景が瓦礫の山じゃなくて大自然というのもあるかもしれません。
個人的には、自然部門の、魚を捕食するカワセミの写真の迫力が印象的です。
本橋成一監督の「バオバブの記憶」も(20分ぐらいだったかな?)上映していますよ。

次に「古屋誠一メモワール.」。
現代アート的な要素が強いのかと思って敬遠してましたが、静岡出身の方だったんですね。
まさに昨日、父の工房に来ているセンスの良いAさんのblogに
「古屋さんが好き」書いてあるのを読んで、見ることにしました。
結果、すごくよかった、食わず嫌いはよくないですね。
古屋氏のことを調べてみようと思います。

最後は「侍と私」展。
実はこれが一番見たかったのです。
下岡蓮杖、上野彦馬など、これで面白くないわけがありません。
今回の企画店は「ポートレイト」に焦点を当てているので、
写真技術の歴史だけでなく、江戸~明治のキーマンの顔を知ることができます。
「山縣有朋って出っ歯だったの?」とか。(え?違う?w)
初期の写真は上流階級を中心に楽しまれていたってことです。
徳川慶喜の肖像写真がありましたが、
いつか“プロ並みの腕”と評される徳川慶喜が撮った写真も見てみたいです。
e0160262_211918100.jpg

[PR]
by origanese | 2010-07-03 22:25 | Museum・Gallery | Comments(2)
Commented by origa-56 at 2010-07-04 20:23
杉本博司さんによると、「写真」という言葉は江戸後期には使われていたということだけど、その言葉がいつごろ、どういういきさつで使われるようになったかといううことはわかりませんか?
 
Commented by origanese at 2010-07-04 21:32
調べたら、平賀源内が「写真鏡」って命名したらしい。
杜甫の「丹青引」っていう詩に「写真」ていう言葉が出てきて、
そこからカメラオブスキュラを「写真鏡」と名付けて、
その75年後に輸入されたダゲレオタイプが、銀メッキした板を使うことから銀板写真、
さらに写真機、写真という言葉が訳語として定着したって載ってたよ。
http://www.nplan-jp.com/d1/column/03.html
<< Water Forest Lipton ABISTE F... >>