遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

女は強く美しい
益子の行き帰りの電車で、蜂谷涼の『へび女房』を読んだ。
『蛍火』も面白かったけど、これも良かった。

明治維新後の激動の時代を生きた女たちの連作短編集。
連絡短編を書く人って、どうやってそれぞれの話を組み立ててるんだろう。
すごいなぁといつも思う。

ベルツ医師は、同時に読んでいる別の小説にも出てきて人気者だね。
榎本武揚は粋な江戸っ子だったってことを初めて知った。
[PR]
by origanese | 2011-01-13 01:04 | BOOK
<< またまた、ねこまど 山口晃展 >>