遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「建築家 白井晟一 精神と空間」展
e0160262_20355257.jpg偶然、本屋でこの企画展の割引券が付いた栞を入手したので気になって調べたら、松濤美術館芹沢銈介美術館を設計した人物だった。
しかも、本の装丁もやっている。書もやっていた。
それどころか、建築家になる前にドイツの大学で哲学を学んだという。
なんて多才な。

“哲学的”なのか(そもそも“哲学的”っていうのがどういうことなのかわからないけれど・・・w)、今までいろいろな建築家の設計を見てきたけど、それらどれとも違う雰囲気がした。
白井晟一にしかできない設計なんだろうなぁ。
現存する建物がまだまだあるので、行ける範囲でめぐっていこう。

汐留ミュージアムでは入館するときにティーラウンジの半額チケットをくれるので、ここで観た後はいつも珈琲を飲んで帰る。
まだ先だけど、7/16~濱田庄司展、10/8~ウィーン工房展があるのでそれにも行こうと思う。
[PR]
by origanese | 2011-01-23 21:02 | Museum・Gallery | Comments(2)
Commented by takane-e at 2011-01-23 23:21
この方も気になるし、7月〜の浜田庄司展も◎
またもや素敵な情報Shareありがとうございます(^-^)v
Commented by origanese at 2011-01-25 20:12
このポスターも素敵ですよね。
東京は美術館が充実してて幸せですw
<< 三百人三百装展 ~設営編~ フェアトレード・チョコレート >>