遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

久世光彦 あれこれ
大好きな『蕭々館日録』を「麗子像」が好きな人に読んで欲しくて、
貸し出す前にもう一度読み返したら、他の久世作品も読みたくなりました。
タイトルに惹かれて『昭和幻灯館』を読もうか、
『花迷宮』か『百間先生月を踏む』でもいいなぁ。。。と思っていたけど、
たまたま寄ったお店に『一九三四年冬-乱歩』があったのでそちらを読んでいます。
新潮文庫の表紙がなかなか素敵なもんです。

『蕭々館日録』は、時代背景とか登場人物とかが私の好みで大好きなのですが、
『一九三四年冬-乱歩』はまた久世光彦という作家の“凄さ”を感じます。
乱歩の自伝を読んでいるのではないかと錯覚してしまいます。
作中で乱歩が書いている『梔子姫』ですが、
これは実際の乱歩作品ではなく、久世さんの創作だというからそれはもう驚きです。

ちょこっと南方熊楠の文章が引用されたりもしていて、ぐっときた。
e0160262_14425.jpg

[PR]
by origanese | 2011-03-09 01:12 | BOOK
<< 無事です。 「船→建築」ル・コルビュジエが... >>