遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『建築巨人 伊東忠太』『復興建築の東京地図』
e0160262_22471186.jpg
右の『建築巨人 伊東忠太』、神保町の古本まつりで見かけて咄嗟に買いました。
パラっとめくった瞬間に誤植を発見してしまいましたが、まぁ良いです。
京都にも忠太の建築が残ってるという発見。うーん、この前京都に行く前に知っていれば・・・!
いとうちゅうた。同世代の夏目漱石や南方熊楠と比べると、大変に呼びやすく、覚えやすい名前である。
って、、、夏目漱石はペンネームだけどww金ちゃんだったら呼びやすいよ。

伊東忠太は、「法隆寺の柱のエンタシスはギリシャのパルテノン神殿からシルクロードを辿って伝わってきたんじゃないか」って言って逆のルート(中国~インド~アフガニスタン~イスタンブール)で旅しちゃった行動派。昔はこのエンタシス×シルクロード説は教科書に当然のごとく書かれていたけれど、今は載ってないらしいですね?ギリシャから伝わってこなくても、構造上、柱はあの形になるのだとか。ロマンが無い。

左の『復興建築の東京地図』はたまたま入った本屋で。
関東大震災後の後藤新平による復興計画や、東京の街の変化をまとめたもの。
同潤会アパートのことは、存在は知っていたけど震災の義捐金によって造られたものだってことまでは考えたことがなかった。
他にもいろんな建物が「復興」の影響を受けているんだなぁー。
下の写真は、
部分保存の悪例とされたが、多くのオフィスビルが失われた現在、ゴシック復興の色濃い表情が往時を伝える貴重な存在
と紹介されている東京銀行協会。
e0160262_22483246.jpg

[PR]
by origanese | 2011-11-07 22:51 | BOOK | Comments(2)
Commented by titi at 2011-11-08 21:15 x
東京銀行協会ーこんどはここでやらせてもらおうかな~(笑)
Commented by origanese at 2011-11-09 00:49
横浜銀行協会もいいね(笑)
<< 2012年版 賢治手帖 ―傍らの宇宙― >>