遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

坂道・ぶんきょう展 と 宮沢賢治旧居跡
我ながら、なんて渋い祝日の過ごし方だろうとは思うのです。
文京ふるさと歴史館で「坂道・ぶんきょう展」という特別展をやっています。
まぁ、文京区は歩いていればたいがい坂ですね。
e0160262_23255510.jpg
坂以外にも、いろいろと新たな発見。
音羽通りと平行(今の高速の下)して弦巻川っていうのが流れていて、音羽通りではその川の流れを利用して紙漉きが盛んだったんだそうです。雑司が谷にある弦巻通りっていう名前は弦巻川からきてたんだね。
小石川っていうのは千川の別名で、小さい石がいっぱいあったから。
前に住んでたとこの近くの開運坂、「名前の由来は不明」って書いてあった気がするんだけど、嘉納治五郎が命名したっていう文献が見つかったらしい。

e0160262_2326191.jpg
このような記念撮影コーナーも。
広重の「小石川にしとみ坂の図」に入れるというものです。
ちなみに、文京ふるさと歴史館から歩いてすぐのところに宮沢賢治旧居跡があります。
e0160262_23314079.jpg

実物は平成2年に取り壊されてしまったため、看板にある「右手建物の2F中央付近」は、賃貸マンションの一室です。。。
[PR]
by origanese | 2011-11-23 23:34 | Museum・Gallery | Comments(0)
<< 第2図書係補佐 揺蕩いのチーズケーキ >>