遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東洋文庫ミュージアム「時空を超える本の旅」
e0160262_214781.jpg10月20日に開館した東洋文庫ミュージアム
東洋文庫は1924年に岩崎久彌氏が設立した東洋学の研究図書館で、世界5大東洋学研究図書館の一つに数えられているそうです。
100万冊にのぼる蔵書の中から、貴重な図書や絵画を見ることができます。

スタッフの女性が民族衣装でした。
世界的ベストセラー『ロビンソン・クルーソー漂流記』(左)と、見た目にも美しい『ルバイヤート』(右)
e0160262_2244891.jpg

インド二大叙事詩、マハーバーラタ(左)とラーマーヤナ(右)
e0160262_2261858.jpg
他にも、『国富論』の初版本や、満州語の『三国志演義』、新井白石が著作の覚書に用いたと思われる『新井白石遺書』など、世界各地様々な言語で書かれた本が紹介されています。

次のフロアはモリソン書庫。2万4千冊の本が天井までぎっしり、本好きの憧れです。
e0160262_2213522.jpg

全巻革張りで豪華な装丁の『イエズス会士書簡集』、辛亥革命の企画展示コーナー、日本発の印刷物『百万塔陀羅尼』、『甲骨卜辞片』などと展示が続きます。

そして「黄金の島ジパング」で有名な『東方見聞録』です。
東洋文庫では77種類を所蔵しており、そのうちの54種類はモリソンが収集したものだそうです。
e0160262_22245247.jpg
アントワープ刊(左)とロンドン刊(右)、出版された国によって装丁もかなり違います。
e0160262_22273415.jpg

12月26日までは『史記』も展示されています。

小さいけど見応えのあるミュージアムです。
また遊びに行きたいと思います。
[PR]
by origanese | 2011-12-04 22:39 | Museum・Gallery | Comments(4)
Commented by gekito4 at 2011-12-05 09:07
 へーっ、知らなかった。驚いた。東京で越年するので、行く気になるかもしれません。千葉の「ホキ美術館」は必ず行こうと思ってま
す。
Commented by titi at 2011-12-05 23:35 x
こうして並べてみると、四方の余白の取り方がロンドン刊がちょっと狭苦しい印象を与えるのにたいして、アントワープ刊のほうはゆったりと読めるし、美しい。こういう余白の取り方をする本は日本にはないね。とても参考になる。
Commented by origanese at 2011-12-07 00:20
gekitoさん
最寄り駅は駒込で、六義園の近くです。
もしお時間ありましたら是非。
Commented by origanese at 2011-12-07 00:23
アントワープ刊のほうは、チリの部分を金の装飾で縁取っていて、額縁みたいだったよ。
<< 赤トナカイ Natural Stories... >>