遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鬼に訊け 宮大工西岡常一の遺言
「鬼に訊け」を観てきた。すごく良い映画だった。
連日満員という噂だったのに開演ギリギリに到着してしまい、イマイチな席になってしまったのが悔やまれる。

e0160262_2259874.jpg西岡さんは法隆寺棟梁の家に生まれ、法隆寺大修復に携わったのち、法輪寺・薬師寺を手がけた。奈良を旅行したときに薬師寺も行ったけれど、恥ずかしながら全然知らなかった。
“木”をとても大切にしていて、いろいろなことが“木”を基準に繋がっていた。鉄やコンクリートを使うことに反対したときも、それがただ「昔は無かったから」とか「伝統だから」ではなく、木の性質や強度・耐用年数から導かれる答えだった。

鬼っていうからどんな厳しい人かと思ったら、信念を貫くことに対して鬼だったという感じ。弟子を見る目は温かいし、しゃべりにはユーモアも。
西岡常一という人物はもちろん、宮大工という職人の技術にも惚れ惚れした。


鑓鉋で木材を削る音が耳に心地よかった。
[PR]
by origanese | 2012-02-26 23:08 | Music・Movie・DVD | Comments(2)
Commented by takane-e at 2012-02-26 23:36
うわぁ=観たい=☆
職人に惚れやすいたかねはキケンだわね^^;
Commented by origanese at 2012-02-27 22:08
ぜひぜひ!オススメです。
最近は見たい映画がいっぱいあって忙しいですw
<< itoya topdrawer 文の京ゆかりの文人銘菓 募集中。 >>