遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

林忠彦写真展 〜紫煙と文士たち〜
e0160262_0343222.jpg今日、はじめてたばこと塩の博物館に行きました。林忠彦写真展〜紫煙と文士たち〜が来週までなのです。

林忠彦さんはポートレイト撮影の第一人者。
バー・ルパンで織田作之助と出会い、それが文士を撮り続けるきっかけになったそうです。ポスターにもなっている有名な写真も、太宰がルパンのカウンターで酔っ払っているところ。

特別展室はここだけは写真撮影OK。本当は、椅子に座れば太宰とツーショットになるんですが、こういうのはノリの良い友人と一緒でないと難しいですね。
e0160262_0432712.jpg

e0160262_16523397.jpg
佐藤春夫のいるこの部屋は、西村伊作が設計したあの家の一室かしら。
[PR]
by origanese | 2012-03-11 16:52 | Museum・Gallery | Comments(2)
Commented by titi at 2012-03-11 17:45 x
そうかもしれないね。
これって700円のパンフレットかな。昔は紫煙が日常の風景だった。
特に文士の紫煙はかっこよくて憧れた。
Commented by origanese at 2012-03-12 00:52
そう。さすがに文章を覚え切れなかったから、パンフレット買った。
漱石も吸ってたね。甘党なのに。
<< THANK YOU クッキー 寿司屋 小松 >>