遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

銀の匙
漱石も賞賛したという中勘助の『銀の匙』。
もともと読もうと思っていたところに、テレビで「灘校の伝説の教師が生徒に読ませていた」と紹介してブレイクしたものだから、テレビに影響されたと思われたくなくてしばらく時間を置いてた。

少年時代の思い出を書き綴っているだけなのに、すごく鮮明だし、丁寧で、温かい。
自分のこどもの頃のこともたくさん思い出した。

そして、どうしても見逃せない一文。
「・・・もうはいちゃんと本願をいただいておいでだにちっとばかの自力をおすてなさらいで、・・・」
東京にいるとまず聞かないし、口にする機会もない方言、「もうはい」。
私が選ぶ二大説明の難しい方言、「もうはい」と「なんしょかんしょ」。
一般的に「もうはい」は三河弁に分類されているし、作中でもおそらくこれを言ったばあやは三河の出だけど、三河弁と遠州弁は共通するものも多い。
e0160262_2151634.jpg

[PR]
by origanese | 2012-06-05 21:54 | BOOK | Comments(1)
Commented by 折金 at 2012-06-06 13:51 x
モール・バーバラ・チャットさん 根っからの遠州人です
<< pen ルパン三世 全解明。 「鴎外のもう一つの顔ー美術解剖... >>