遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像
e0160262_037112.jpgダ・ヴィンチが描いた絵はほとんど展示が無いんだけど、私は絵より手帳やら本やらが見たかったので満足です。
ダ・ヴィンチのメモ書きは図形とかデッサンとか文字とかいろいろごちゃまぜだけどなぜか絵になるから不思議。
アトランティコ手稿は「Codex Atlanticus」という。コデクス装だったの?
愛読書の中に『イソップの生涯と寓話』があったのは発見で、イソップがエチオピアから連れてこられた奴隷だったらしいってことも発見。

ダ・ヴィンチ以外の展示だと、15世紀のイタリア中心の地図とか『東方見聞録』の写本とかが素敵だったよ。


あと、珍しくほとんどリアルタイムで観てた連ドラの「TAKE FIVE」がタイアップをやっていて、ドラマの撮影に使われたルクレツィアが展示されていた。
そしてドラマはちょうど今日が最終回だった。
e0160262_0373255.jpg
そういや、東京都美術館が新しくなってから初めてだったな。
[PR]
by origanese | 2013-06-22 00:39 | Museum・Gallery | Comments(3)
Commented by titi at 2013-06-22 19:13 x
コデクス装は紀元前後から始まっているので
いろいろな綴じ方があるみたい。ぜひ見てみたい!
『東方見聞録』は東洋文庫にもあったような。
Commented by origanese at 2013-06-24 00:31
手稿はページ単位で額に入ってたから、綴じ方はわからなかったよ。
前に六本木で見たのはレスター手稿だったかな?あれと同じかな?
Commented by desire_san at 2013-06-29 09:13
こんにちは。
私もダ・ヴィンチ展に行きましたので楽しくブログを拝見しました。
レオナルド・ダ・ヴィンチ展—天才の肖像の展示会は、万能の天才・レオナルド・ダ・ヴィンチを詳しく知るという意味では、非常に勉強になる内容だったと思いました。

この美術展の感想というよりも、美術展を見て感じたことを自分なりに書いてみました。
ご興味がありましたら読んでみてください。
私の個人的意見も交じっていますので、別の見解、ご意見などコメントなどをいただける私も勉強になりますので、大変感謝致します。
<< モネ・ゲーム 写真のエステ と 日本写真の1968 >>