遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

漱石散歩
写真展の会場が矢来町なのを良いことに、午前中に漱石散歩をしてきました。
早稲田駅で降り、夏目坂からスタートです。
e0160262_2274095.jpg


このあたりの名主だった漱石の父直克が夏目坂と呼んでいたのが定着したとか。
e0160262_22123236.jpg


また、このあたりは喜久井町。夏目家の家紋“井桁に菊”→“菊井”→“喜久井”。
e0160262_22155427.jpg


漱石生誕の碑は安倍能成の筆によるもの。
e0160262_22175229.jpg


「父はまだその上に自宅の前から南へ行く時に是非共登らなければならない長い坂に、自分の姓の夏目という名をつけた。不幸にしてこれは喜久井町ほど有名にならずに、ただの坂として残っている。しかしこの間、或人が来て、地図でこの辺の名前を調べたら、夏目坂というのがあったと云って話したから、ことによると父の付けた名が今でも役に立っているのかも知れない。」
『硝子戸の中』より


生誕碑のほぼ向かいにある細い道を入っていくと誓閑寺。
e0160262_22215798.jpg


『硝子戸の中』には西閑寺、『二百十日』には寒磬寺として登場するお寺。
e0160262_22221723.jpg


そこから少し歩いて、次は漱石山房のあった場所にできた漱石公園へ。
e0160262_22232052.jpg


入り口には漱石先生の胸像。
e0160262_22321638.jpg


山房の回廊式ベランダ。芭蕉とトクサも再現されていますが、なんとかもうちょっと頑張っていただきたいところです・・・!
e0160262_22353321.jpg


道草庵で新宿区が作ったパンフレットを貰いつつ、しばし涼む。
横には昭和28年に復元された猫塚。
e0160262_22364684.jpg


夏!暑い!!
e0160262_22373258.jpg


っていうか誰もいなぁーーーい!!
e0160262_2238560.jpg


とにかく無事に記念館が完成することを祈るばかりです。
[PR]
by origanese | 2013-08-18 22:44 | 旅行・散歩・食べ歩き | Comments(3)
Commented by titi at 2013-08-18 23:38 x
漱石ファンとしては復元家屋ももう少しなんとかしてほしかったな。
記念館の行く末がおもいやられるよ。
Commented by テンジン at 2013-08-20 15:40 x
朝といっても日が高くなってからの散歩は自殺行為ですよ(笑
久しぶりに飯田橋で降りて神楽坂を歩きましたが地下鉄に乗ればよかったと後悔したのは坂上交差点まで来てからでした
Commented by origanese at 2013-08-22 00:06
テンジンさん
暑い中お越しいただきありがとうございました。
お会いできず残念です。
出展者にもお客さんにも評判の良い会場だったので、来年も同じギャラリーでやることになりました。
<< 写真展 撤収完了 展示風景 >>