遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

漱石をめぐる熊本旅(2日目)
7月2日。朝食はホテルのビュッフェ。

いよいよ草枕の旅になるわけですが、バスが出るのが午後なので、午前中は市内観光。
チェックアウト後、歩いて【熊本市現代美術館】へ。
「水戸岡鋭治からのプレゼント - まちと人を幸福にするデザイン展」開催中でした。
e0160262_12442795.jpg

水戸岡さんがデザインした電車や街・建物など。
e0160262_12463041.jpg

カフェコーナーでお茶。
なんでここに小布施のリンゴジュース?と思ったら、ロゴが水戸岡さんのデザインでした。
e0160262_12502553.jpg


公園でお弁当を食べ、交通センターからバスに乗ります。路線バスの旅番組気分。
漱石は歩いて小天温泉まで行ったようです。さすが健脚。
バスは峠の茶屋公園で途中下車。次のバスが約1h後なので、それまでが自由時間。
(それを逃すと夕方までバスがありません。)
e0160262_13454417.jpg

『草枕』で主人公が立ち寄った茶屋が再現されている【峠の茶屋公園】。
e0160262_13455655.jpg
「おい」と声を掛けたが返事がない。
 軒下のきしたから奥を覗のぞくと煤すすけた障子しょうじが立て切ってある。向う側は見えない。五六足の草鞋わらじが淋さびしそうに庇ひさしから吊つるされて、屈托気くったくげにふらりふらりと揺れる。


再びバスに乗り、河内亀石で乗り換えて小天温泉で下車。
すぐ目の前に、漱石も滞在した【那古井館】があり、ここに泊まります。
e0160262_13573243.jpg
e0160262_13575321.jpg

近所には【前田家別邸】や【草枕交流館】なんかもあります。

部屋に露天風呂が付いていて、とても贅沢。
e0160262_1404938.jpg
e0160262_1411026.jpg
e0160262_1403850.jpg


オマケ。
バス停横の花屋で売ってた晩柑(バンカン)、5個で200円。安い!ジューシーで美味しい!
e0160262_144459.jpg


夜ごはんは馬刺しとか肥後牛などの地元の名物を取り入れたコース。
食べきれないぐらいのボリューム。
e0160262_147080.jpg

夜になってまさかの暴風雨。朝には晴れることを願って就寝。


3日目に続く。
[PR]
by origanese | 2014-07-04 14:14 | 旅行・散歩・食べ歩き | Comments(0)
<< 漱石をめぐる熊本旅(3日目) 漱石をめぐる熊本旅(1日目) >>