遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

漱石をめぐる熊本旅(3日目)
7月3日。
あいにくの雨で、朝は露天風呂に入れず内風呂。
朝ごはんにはだご汁が付いていました。
宿に泊まっていたのは私たち家族だけだったようです。

バスで再び熊本市街へ向かいます。
昨日は山道を抜けてきましたが、今日は海沿い(有明海かなぁ)の道を通るルート。
e0160262_17215244.jpg

1時間弱で熊本駅に着きます。
駅のロッカーに荷物を預けたら、在来線の鹿児島本線で上熊本駅へ。
父を【漱石像】のところへ案内。
e0160262_17231263.jpg

昔はこの上熊本駅のほうが熊本の玄関口で、漱石も降り立ったはずの【池田駅舎】のレトロな建物は、すぐ隣りに移築されて市電の停留所になっていました。
e0160262_17241114.jpg

トラム風の車両に乗って繁華街へ出たら、商店街にあるお寿司屋さんでお昼ごはん。
バスで行こうと思っていたのですが、あまりの雨風でタクシーに切り替えて【五高記念館】へ。
ここは中の資料だけでなく、建物自体も国指定の重要文化財です。
e0160262_1728447.jpg
写真は休館だった日に撮ったもの。実際はものすっごいどしゃ降りでした・・・。

昔の教室が展示室になっていて、たくさんの資料が展示されています。

普通、校舎の南側は広い窓になっているけど、ここではこの廊下の南(左側)のように南側の窓が小さく造られていて、それは強い日差しで暑くなりすぎるのを防ぐためだそう。
e0160262_17305365.jpg

昔の机椅子がそのまま残されている復元教室もありました。
黒板にはなにやら数学の問題が。
漱石が江東義塾で英語で幾何を教えていたというのは、こんな感じだったんだろうか。
e0160262_1735875.jpg

バスと市電を乗り継いで、熊本駅へ。旅もそろそろおしまい、駅でお土産とお弁当を買います。
e0160262_17361190.jpg

熊本から新大阪まではさくら。ゆったりしていて良い座席でした。
e0160262_17373293.jpg
e0160262_17382439.jpg


以上、2泊3日の熊本漱石旅でした。
[PR]
by origanese | 2014-07-04 17:46 | 旅行・散歩・食べ歩き | Comments(0)
<< 列帖装ノート 漱石をめぐる熊本旅(2日目) >>