遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

青児とパリの美術
サンテサンタさんにもらったチケット。
寒いし雨降ってるし・・・と、かなり葛藤したけど行ってよかった。

白水社の本が2点ほど展示されていた。コクトーの『怖るべき子供たち』と、モーリス・デコブラの『恋愛株式会社』。
装丁だけじゃなくて訳も青児がやってたというのは知らなかった。

よく目にする青児の乙女像も、大きなサイズでこんなにたくさん見たのは初めて。石膏みたいな滑らかさと淡い色合いが印象的。
メイクも衣装も、“Kawaii”の要素たっぷりでした。
e0160262_2147042.jpg

[PR]
by origanese | 2015-12-23 21:47 | Museum・Gallery | Comments(0)
<< ミルクレープ作りました。 丸の内イルミネーションと漱石 >>