遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
仕事が重なり行けずに残念..
by テンジン at 05:53
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Museum・Gallery( 182 )
「エリック・サティとその時代」展
いづみさんと美術館女子会。
「エリック・サティとその時代」展を観てきました。
サティの音楽を聴きながら鑑賞する演出。
ロートレック、ピカソ、コクトー、マン・レイ、などなど、
サティを中心に、共に活躍したアーティストの作品もたくさん。
誰と誰がどういう繋がりで、、、
というのをイメージしながら楽しんできました。
≪スポーツと気晴らし≫シリーズは
楽譜も挿絵も音&映像もあって、充実の内容でした。
ニック・カドワースの≪セファロフォン≫も、なかなかツボだった。
e0160262_20201179.jpg
e0160262_20202683.jpg

[PR]
by origanese | 2015-08-27 20:20 | Museum・Gallery | Comments(0)
鴎外を継ぐ-木下杢太郎
鴎外記念館、今回の企画は木下杢太郎。
「鴎外は過去ではなくて未来への出発点である。」
杢太郎は、森類の子どもの名付け親だったのでした。

年賀状が「団子坂上 森林太郎様」で届いた時代w
杢太郎、神田の三崎町に住んでたのか。記念碑とか無いのかしら。
e0160262_1937142.jpg

[PR]
by origanese | 2015-07-30 19:39 | Museum・Gallery | Comments(0)
東京フィル マーラー交響曲第九番
東京フィルのコンサートに行ってきました。
昨日の夜に急遽お招きいただき。
途中まで順調だったのに、直前の新宿駅の乗り換えで変なとこに行ってしまい、開演ギリギリに駆け込みました・・・!
連絡取ろうと焦って携帯操作してたら、変なとこ触ったらしくいきなりプライバシーフィルターがかかって一人でパニくったり・・・
関係者の皆様、大変お騒がせいたしました
e0160262_22193215.jpg

演目はマーラーの第九。
先日のN響と言い、「死」がテーマの演目が続いているのはなぜだ・・・
最近、2階席とか上のほうから見ることが多かったんですが、今日は1階席のけっこう海抜(?)低めの席。
フルート含め、管楽器が見えない席でしたが、その分、弦楽器奏者が体全体で演奏してる感じが見れて、それはそれでかっこよかった。
プログラムにも書いてあったけど、バーンスタインが「不整脈の音楽化」と言った主題があったりして聴くのも難易度高い場面多かったけど、まぁすごかった。
迫力とか、ppの張りつめた感じとか、とか、とか、、、
れ、練習ガンバリマス!ww
尾高先生、可愛いね。

充実した時間でした。
ありがとうございました♪
[PR]
by origanese | 2015-07-16 22:19 | Museum・Gallery | Comments(0)
虎屋文庫のお菓子な展示77
虎屋、秋から本社ビル建て替えで、ギャラリーも休館になるらしく、
大回顧展「虎屋文庫のお菓子な展示77」を開催してます。
和菓子、可愛かった。
e0160262_1818232.jpg

[PR]
by origanese | 2015-06-06 18:18 | Museum・Gallery | Comments(0)
スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」
スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」

おとぎ話や民話をテーマにしたブック・スカルプチャー(本を素材とした彫刻)アーティストの個展。本を読んで、読み終わったらページをカットしていって、本の上にジオラマを作り上げるらしい。
近いジャンルだと、Brian-Dettmerの作品をネットで見たことがあったな。

本がもったいないようなやってみたいような。
e0160262_22555623.jpg

ところで、シンデレラのお話に出てくる「ガラスの靴」って、英語だと「glass slipper」なんだ。
スリッパ・・・。
いや、英語として仕方ないんだけど、、、ね。。
[PR]
by origanese | 2015-05-14 23:01 | Museum・Gallery | Comments(1)
ルドゥーテ「美花選」展
日比谷図書文化館でやってるルドゥーテの特別展示。
何年か前に、上野の美術館で「バラ図譜」展をやってたときに観たかったけど行けなかったから今回行けてよかった。
「美花選」展だけど、「バラ図譜」の装幀も展示してあった。表紙が綺麗なマーブル紙だった。
e0160262_2236016.jpg

同じ建物の特別研究室に内田嘉吉文庫があって、ちょうど修復本の展示をやっていたので、そちらも見てきた。
手に取って見れるのがありがたい。
傷んだ部分を補強するだけじゃなくて、表紙を作り直さないといけないぐらいのもあって、元のデザインとか雰囲気を壊さないようにしなきゃいけないから、そこはセンスが問われるよね。
[PR]
by origanese | 2015-05-14 22:45 | Museum・Gallery | Comments(0)
谷川徹三展
久々の母校。
ボアソナードタワーにある博物館展示室の「谷川徹三展」へ。

谷川徹三さんは元法政大学総長で、ご存じ谷川俊太郎さんのお父様。
記帳しようと芳名帳を見たら、なんと最後に俊太郎さんのお名前・・・!
え、これはここを開いておくべきなのか?これも展示?
なんて一人でちょっとパニックに。笑
僭越ながら、次の欄にわたくしめが記帳させていただきました。
じわじわと感動してきて思わず親に電話で報告してしまった。

徹三さんは、哲学者、評論家、そして宮沢賢治の研究もされていた。
安倍能成、和辻哲郎らと、昭和天皇の話し相手を務めたというからいろいろすごい。
和辻哲郎に関するメモには、”和辻さんの完成は女性的で云々”という記載があってなんか納得。
総長野上豊一郎から、教授谷川徹三への賞状もあった。
いろんな人と大学村でつながっていたんだね。大学村についてもっと知ろう、私。
e0160262_22515554.jpg

去年は「野上豊一郎と弥生子展」やってたのかー。
知らなかったー、観たかったなー。
[PR]
by origanese | 2015-01-08 23:13 | Museum・Gallery | Comments(2)
キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展
年明け、平日に加えてこの天気。驚くほど人がいなくて、悠々と観ることができました。
(ボタニカルアートと言えば、前に上野でやったルドゥーテ展も観に行きたかったんだけど、中耳炎で断念したんだった。。。)
途中、あまりに人がいなくて「まさか避難警報とか出てないよね?!」と不安になるほどでした。笑

あまり日本ではメジャーでない花もたくさんあって、さすが固有種の宝庫オーストラリア。って思うものもあれば、”マメ科”の花はみんなそれらしい特徴がわかったりして、面白かった。
まるで機械で写したみたいな精密さでした。

トケイソウが「パッシフローラ」っていう名前で、パッションフルーツにつながっているのは初耳。
熱帯→暑い→熱い→情熱のpassionじゃなかった!
e0160262_2282595.jpg
e0160262_2284249.jpg

[PR]
by origanese | 2015-01-06 22:22 | Museum・Gallery | Comments(0)
地下鉄10年を走りぬけて iichikoデザイン30年展
iichikoのポスター、いつも癒されてます。
写真がイイんだよね~。
河北さんが東京芸大を退任されるということで開催されている企画展。
e0160262_18292186.jpg


地下鉄の車両風に展示されているものもありました。
e0160262_1823426.jpg

車両の中にはブルータスに掲載された遊び心満載の広告など。
e0160262_18243989.jpg

あと、いろんなボトル。
e0160262_18255827.jpg
e0160262_18261434.jpg


大きなポスターもあり。
e0160262_18265081.jpg


これ、いいよね。
e0160262_18273881.jpg
ヴィオロンの ためいきの
ってことでしょ?

作品集が配られていたのでもちろんいただき、さらに河北さんにサインを貰うことができました☆

この展示、なんと入場無料。
行かなきゃもったいないと思う。
[PR]
by origanese | 2014-11-16 18:34 | Museum・Gallery | Comments(0)
旅のか・け・ら展 オープニングパーティー
水彩画を教えてもらっている恵津先生の個展がはじまりました。
今回はモロッコの風景を中心に展示されています。
旅行後に見せてもらった写真もよかったけど、イラストになるとまた一段と素敵。
そして来年の年賀状は水彩画に挑戦できたらいいなぁ。

今日はオープニングパーティーがあり、たかねさんのごはんも頂いてきました。
e0160262_21331856.jpg

[PR]
by origanese | 2014-11-10 21:36 | Museum・Gallery | Comments(0)