遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Museum・Gallery( 187 )
「杉本博司 趣味と芸術−味占郷/今昔三部作」展
今昔三部作は、海景・シアター・ジオラマの3シリーズを展示。
趣味と芸術−味占郷は、『婦人画報』で連載された「謎の割烹 味占郷」の床飾りを再現。

大満足!!
今日は人も少なく、大部分独り占め鑑賞できた。
特に「月下紅白梅図」はMOA美術館に観に行けなかったから、
ここで見れて嬉しかった。
フラッシュ無しなら写真OKなとこも。

千葉市美術館は、前に若冲を観に行って以来。
旧川崎銀行千葉支店を改修した雰囲気のいい建物ですよね。
しかし記憶よりも東京から千葉駅までが遠かった・・・
e0160262_225618100.jpg
e0160262_22563743.jpg
e0160262_22581391.jpg
e0160262_2258306.jpg
e0160262_22584838.jpg

[PR]
by origanese | 2015-11-12 22:58 | Museum・Gallery | Comments(0)
第2回「世界の蔵書票展」
今日は何かとお世話になっている両国のギャラリー緑壱さんへ。
世界の蔵書票展を見せていただきつつ、オーナーさんへ賢治手帳をお届け。
e0160262_21192726.jpg

[PR]
by origanese | 2015-10-29 21:19 | Museum・Gallery | Comments(0)
プラド美術館展&フラメンコライブ
三菱壱号館美術館でプラド美術館展を鑑賞

月島スペインクラブでスペイン料理とフラメンコライブ
というイベントに参加。
たかねさん、お誘いいただきありがとうございました!

「美術館、貸切にしちゃうのかな?一般のお客さんどうするんだろ?」
と思ったけど、よく考えたら美術館て月曜休みなんだよね。

月島スペイン倶楽部では、全国アレグリアス舞踊コンクールで入賞された方のアレグリをみることができました♪
e0160262_22481223.jpg
e0160262_22482052.jpg
e0160262_22482683.jpg

[PR]
by origanese | 2015-10-26 22:48 | Museum・Gallery | Comments(1)
「アート オブ ブルガリ  130年にわたるイタリアの美の至宝」展
キラキラが見たかったのもあるけど、表慶館に入れるのも嬉しい。
そしてここに来るたびに『冬のオペラ』を思い出す。

ブルガリといえばスネークだけど、
ナチュラリアシリーズも可愛かったな~
ま、ブルガリ1個も持ってないし持つアテも無いけど(;´∀`)

ガラスに指紋やら何やらけっこう付いてて。
みんな近づきすぎw
e0160262_20445864.jpg

[PR]
by origanese | 2015-10-04 20:45 | Museum・Gallery | Comments(0)
『月映(つくはえ)』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎
東京ステーションギャラリー、堪能してきた。
田中恭吉と恩地孝四郎といえば萩原朔太郎『月に吠える』。
そこに影響を与えた版画と詩の雑誌「月映」。
二十代前半の美術学生がこれをね・・・。すごいわー。
e0160262_20444312.jpg

[PR]
by origanese | 2015-10-03 20:44 | Museum・Gallery | Comments(0)
「エリック・サティとその時代」展
いづみさんと美術館女子会。
「エリック・サティとその時代」展を観てきました。
サティの音楽を聴きながら鑑賞する演出。
ロートレック、ピカソ、コクトー、マン・レイ、などなど、
サティを中心に、共に活躍したアーティストの作品もたくさん。
誰と誰がどういう繋がりで、、、
というのをイメージしながら楽しんできました。
≪スポーツと気晴らし≫シリーズは
楽譜も挿絵も音&映像もあって、充実の内容でした。
ニック・カドワースの≪セファロフォン≫も、なかなかツボだった。
e0160262_20201179.jpg
e0160262_20202683.jpg

[PR]
by origanese | 2015-08-27 20:20 | Museum・Gallery | Comments(0)
鴎外を継ぐ-木下杢太郎
鴎外記念館、今回の企画は木下杢太郎。
「鴎外は過去ではなくて未来への出発点である。」
杢太郎は、森類の子どもの名付け親だったのでした。

年賀状が「団子坂上 森林太郎様」で届いた時代w
杢太郎、神田の三崎町に住んでたのか。記念碑とか無いのかしら。
e0160262_1937142.jpg

[PR]
by origanese | 2015-07-30 19:39 | Museum・Gallery | Comments(0)
東京フィル マーラー交響曲第九番
東京フィルのコンサートに行ってきました。
昨日の夜に急遽お招きいただき。
途中まで順調だったのに、直前の新宿駅の乗り換えで変なとこに行ってしまい、開演ギリギリに駆け込みました・・・!
連絡取ろうと焦って携帯操作してたら、変なとこ触ったらしくいきなりプライバシーフィルターがかかって一人でパニくったり・・・
関係者の皆様、大変お騒がせいたしました
e0160262_22193215.jpg

演目はマーラーの第九。
先日のN響と言い、「死」がテーマの演目が続いているのはなぜだ・・・
最近、2階席とか上のほうから見ることが多かったんですが、今日は1階席のけっこう海抜(?)低めの席。
フルート含め、管楽器が見えない席でしたが、その分、弦楽器奏者が体全体で演奏してる感じが見れて、それはそれでかっこよかった。
プログラムにも書いてあったけど、バーンスタインが「不整脈の音楽化」と言った主題があったりして聴くのも難易度高い場面多かったけど、まぁすごかった。
迫力とか、ppの張りつめた感じとか、とか、とか、、、
れ、練習ガンバリマス!ww
尾高先生、可愛いね。

充実した時間でした。
ありがとうございました♪
[PR]
by origanese | 2015-07-16 22:19 | Museum・Gallery | Comments(0)
虎屋文庫のお菓子な展示77
虎屋、秋から本社ビル建て替えで、ギャラリーも休館になるらしく、
大回顧展「虎屋文庫のお菓子な展示77」を開催してます。
和菓子、可愛かった。
e0160262_1818232.jpg

[PR]
by origanese | 2015-06-06 18:18 | Museum・Gallery | Comments(0)
スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」
スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」

おとぎ話や民話をテーマにしたブック・スカルプチャー(本を素材とした彫刻)アーティストの個展。本を読んで、読み終わったらページをカットしていって、本の上にジオラマを作り上げるらしい。
近いジャンルだと、Brian-Dettmerの作品をネットで見たことがあったな。

本がもったいないようなやってみたいような。
e0160262_22555623.jpg

ところで、シンデレラのお話に出てくる「ガラスの靴」って、英語だと「glass slipper」なんだ。
スリッパ・・・。
いや、英語として仕方ないんだけど、、、ね。。
[PR]
by origanese | 2015-05-14 23:01 | Museum・Gallery | Comments(1)