遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Museum・Gallery( 182 )
流行をつくる―三越と鴎外―
鴎外記念館の企画展がおもしろそうで、いつもこういうところは一人で行って自分のペースで見て回ることが多いんだけど、鴎外が好きな友人がいたなぁと思って誘って行ってみた。
話が弾んで、これはこれで楽しかった。
e0160262_226417.jpg

「iichikoデザイン30年展」も行きたいね~という話になった。
あと、日本近代文学館。
[PR]
by origanese | 2014-11-09 22:05 | Museum・Gallery | Comments(0)
村西恵津のやさしい水彩画教室 第1回作品展
設営完了です。
みなさまのお越しをお待ちしております。
明日は夕方オープニングパーティーがあります。
e0160262_071996.jpg

e0160262_074810.jpg
e0160262_0101452.jpg

◆期間:10月18日(土)~26日(日) ※月・火定休 
◆時間:12:00~18:00(最終日は16:00終了)
◆場所:ギャラリー緑壱
[PR]
by origanese | 2014-10-18 00:10 | Museum・Gallery | Comments(0)
【告知】村西恵津のやさしい水彩画教室 第1回作品展
恥ずかしながら、参加させていただきます。

◆期間:10月18日(土)~26日(日) ※月・火定休 
◆時間:12:00~18:00(最終日は16:00終了)
◆場所:ギャラリー緑壱
e0160262_0512747.jpg

[PR]
by origanese | 2014-09-30 00:53 | Museum・Gallery | Comments(0)
宗像大社国宝展
e0160262_0332892.jpg
宗像教授シリーズを思い出しながらの鑑賞でした。

なんで出光美術館で?と思っていたら、出光佐三さんは宗像の出身で、
宗像大社の再興に尽力されたということ。

沖ノ島の映像が良かった。けどDVDは無かった・・・。
[PR]
by origanese | 2014-09-28 00:39 | Museum・Gallery | Comments(1)
建築家ピエール・シャローとガラスの家
e0160262_12571548.jpg

[PR]
by origanese | 2014-08-03 12:57 | Museum・Gallery | Comments(0)
ヴァロットン展 ―冷たい炎の画家
会場のパネルにも書いてあったけど、あまり知られていない画家だと思う。
私も知らなかったけど、挿絵を担当した本が展示されているというのを知って行ってみた。
『罪と罰』や『にんじん』の挿絵なんかを描いていた。
版画は、なんとなく佐々木マキみたいな雰囲気があるなぁ~と。
浮世絵の影響がよくわかる作品もあって面白かった。

謎とか不安感とかエロティシズムが注目されているようだけど、ユーモラスな面もあったり、こっそり猫が描かれていたり、蔵書票を描いたりもしていて、思ったよりとっつきにくさは無かった。

「オクターヴ・ユザンヌ」と、<楽器>シリーズの「II.フルート」が特に私のお気に入りでした。
ポストカードかグッズがあればぜひとも欲しかったけど、かろうじてカレンダーの中に「フルート」があるだけでした。残念。
世間の需要と私の需要がかみ合っていなかったようです・・・。
e0160262_23412399.jpg

[PR]
by origanese | 2014-07-23 23:44 | Museum・Gallery | Comments(0)
装幀=菊地信義とある『著者50人の本』展
神奈川近代文学館、ひさびさ。
池袋から元町・中華街まで乗り換え無しで行けるようになったし、余裕~♪とか思ってたら、結局は1時間弱ぐらい乗り続けないといけないから、本か何か持ってないと暇だね・・・。

今回は、装幀=菊地信義とある『著者50人の本』展で、菊地信義さんが装幀を担当した本が、年代順・作家別に展示されています。
こんなにたくさんの本を手掛けていて、常に挑戦していて、すごい方だと思います。

中上健次全集も菊地さんだったんですね。
前に磐田の「美しい本」展で展示したときに、もっと調べて解説を付けるべだったかとちょっと反省しました。

手製本工房が出てくる漫画『路地恋花』で、手製本作家のコハルさんが
「本屋でいいなと思って手に取るとだいたいこの人の装幀だ」
みたいなことを語るシーンがあって、さすがにそんなことないだろう、せいぜい新潮社装幀室ぐらいかなぁ。と思ってましたが、そんなことありました。笑
私、『草すべり』『紅水晶』は完全に作家も知らない状態で装幀に惹かれて買ったものですが、どちらも菊地さんの装幀でした。『天切り松』もそうでした。
e0160262_2320295.jpg

[PR]
by origanese | 2014-07-13 23:48 | Museum・Gallery | Comments(2)
茨木のり子展
今日は何かのイベントがあって、無料デーでした。すごい。
茨木さんについては詳しいわけではないけれど、きっと良い展示だという変な自信があって行ってきた。詩って、よくわかんないのも多いけど、茨木さんの詩はわかりやすいし共感できることも多い。
特に『自分の感受性くらい』は本当にかっこいいと思う。
作品以外にも、玄関のドアがとても素敵だった。夫婦愛も素晴らしい。
e0160262_23444240.jpg

[PR]
by origanese | 2014-06-07 23:45 | Museum・Gallery | Comments(2)
石の世界と宮沢賢治
e0160262_1910481.jpg

e0160262_1910471.jpg

e0160262_1910483.jpg

ちょうど読んでる小説『博物館のファントム』に出てくる話にぴったりの企画展をやっているので行ってみたら、ラッキーなことに今日は無料デーでした。
尋常小学校用の標本とか、賢治の蔵書とか、鉱物の出てくる作品紹介なんかがあって楽しかった。
せっかく写真OKだったのに、デジカメがバッテリー切れでした・・・
[PR]
by origanese | 2014-05-18 19:10 | Museum・Gallery | Comments(0)
ねこ・猫・ネコ展
松涛美術館のねこ・猫・ネコ展に行ってきた。
先日から、漱石の「あかざと黒猫」も展示されている。
e0160262_21475081.jpg
猫をメインに描いたものだけじゃなくて、「職人尽絵」みたいに景色として猫が描かれているものもあって、よく集めたなぁという感じ。
朝倉文夫のブロンズ作品も3点あって、充実してた。朝倉彫塑館にも行ってみたいなぁ。

飼っている猫の写真を持って行くと、2割引き&写真を飾ってくれるというネコ割をやっているので、
ミースケの写真を持参。
係の人が、「こんなに集まると思ってなくて、慌てて展示スペースを増やしてます」と言っていた。
さすが。
e0160262_21492074.jpg

[PR]
by origanese | 2014-05-10 21:51 | Museum・Gallery | Comments(2)