遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
最新のコメント
 いいお仕事してますね。..
by ゲキト at 08:37
blue noteさん ..
by origanese at 22:08
昨年12月からO塾の仲間..
by blue note at 22:58
ありがとうございます。 ..
by origanese at 00:04
お似合いじゃないですか。..
by ゲキト at 21:23
 和紙には大いに関心があ..
by ゲキト at 16:48
 紀男さんの文芸館での『..
by ゲキト at 06:12
ゲキトさん ありがとう..
by origanese at 23:10
 素敵な絵ですね。貰った..
by ゲキト at 23:46
テンジンさん 写真展の..
by origanese at 23:55
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
煌夜祭
e0160262_1403012.jpg

なんとなく予想できる展開ではあったけれど、相変わらず千夜一夜風の話は好きなので。表紙も素敵だよね。
[PR]
by origanese | 2013-06-29 01:40 | BOOK | Comments(0)
DELICIOUS
e0160262_0465093.jpg

ドラマで歌ってたTake Fiveがかっこよくて。
他の曲も素敵だぁ♪
[PR]
by origanese | 2013-06-27 00:46 | Music・Movie・DVD | Comments(0)
芸術新潮 夏目漱石の目
e0160262_2150126.jpg

本の装丁が丁寧に紹介されている!!
[PR]
by origanese | 2013-06-24 21:50 | BOOK | Comments(0)
モネ・ゲーム
e0160262_0323364.jpg六本木のシネマートに行くと、100%夕立に遭う運命。お客さんが10人もいなくて、今まで観た映画の中で一番ガラガラだったと思う。

美術絵画の話なんだけど難しい薀蓄とかはほとんど無くて、だいぶくだけた感じでくだらない画が多くて笑えた。途中、あ~このまま終わったらなんか物足りないなーと思った瞬間もあったけど、最後の展開が面白かった。複線のほうのエピソードのほうが面白そうな気も。。。

日本人の名前って、何で日本語の字幕でもカタカナなんだろうね。漢字当ててあげてもいいよね。カタカナだと日系二世とかっぽく見えちゃう。

猫ちゃん、ちゃんと出てたよ!
[PR]
by origanese | 2013-06-24 00:43 | Music・Movie・DVD | Comments(0)
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像
e0160262_037112.jpgダ・ヴィンチが描いた絵はほとんど展示が無いんだけど、私は絵より手帳やら本やらが見たかったので満足です。
ダ・ヴィンチのメモ書きは図形とかデッサンとか文字とかいろいろごちゃまぜだけどなぜか絵になるから不思議。
アトランティコ手稿は「Codex Atlanticus」という。コデクス装だったの?
愛読書の中に『イソップの生涯と寓話』があったのは発見で、イソップがエチオピアから連れてこられた奴隷だったらしいってことも発見。

ダ・ヴィンチ以外の展示だと、15世紀のイタリア中心の地図とか『東方見聞録』の写本とかが素敵だったよ。


あと、珍しくほとんどリアルタイムで観てた連ドラの「TAKE FIVE」がタイアップをやっていて、ドラマの撮影に使われたルクレツィアが展示されていた。
そしてドラマはちょうど今日が最終回だった。
e0160262_0373255.jpg
そういや、東京都美術館が新しくなってから初めてだったな。
[PR]
by origanese | 2013-06-22 00:39 | Museum・Gallery | Comments(3)
写真のエステ と 日本写真の1968
e0160262_22442260.jpg

野菊?が雨に打たれてる写真が良かったな。
雨の写真を練習したい。
植物園とかよさそう。
[PR]
by origanese | 2013-06-16 22:44 | Museum・Gallery | Comments(0)
天才までの距離
e0160262_232328.jpg

文庫版が出ていたことに長いこと気付いていなかった。たまたま近所の本屋で見つけて読んでいたら、漱石の美術世界展で絵を見た平福百穂の話が入っていた。やっぱり漱石展もう一回行こう。
[PR]
by origanese | 2013-06-15 23:02 | BOOK | Comments(0)
夏目漱石の美術世界展
漱石作品に出てくる絵画、漱石が観た絵画、漱石の書画・原稿、漱石の本の装丁。

『虞美人草』に出てくる抱一の虞美人草の絵とか、『三四郎』で原口画伯(黒田清輝がモデル)が描いた「森の女」とか、実在しない絵も再現制作して展示してあったりして、みんな漱石大好きだな、と(笑)。
漱石が装幀にこだわっていたおかげで、漱石の本はどれも美しい。『吾輩は猫である』とか『虞美人草』とかもちろん素敵だけど、私は『硝子戸の中』の装丁とか好きです。残念ながら展示されていなかったけど。漱石と言えば橋口五葉で、五葉の画稿もたくさん見れてよかった。またステンドグラスで何か作りたくなってきた。『こころ』の見返しの丸いモチーフとか取り入れられそう。

今日でいろいろ作品の入れ替えがあります。会期中にもう一回行けるかなぁ・・・
e0160262_043241.jpg

[PR]
by origanese | 2013-06-10 00:58 | Museum・Gallery | Comments(2)
神楽坂いろいろ
カドでランチして、赤城マルシェに行って、フラスコで浴衣を見て、梅花亭で麦羽二重餅を買って、楽山で焙じ茶を買って。
e0160262_1221919.jpg

[PR]
by origanese | 2013-06-09 01:23 | 神楽坂 | Comments(0)
さすらいの日本画展
友人が出展しているグループ展「さすらいの日本画展」に今年も行ってきました。

今日が最終日で、画廊に到着したらちょうどクロージングパーティの準備中。
友人も不在のようだったので、作品観てからお花だけ預けて帰ろうとしたら、
「15時からパーティーなの!そのころには彼女も来るからぜひ待ってて食べてって!
というか、もしよかったら手伝って!!もしかしてお料理得意だったりします?!」
という謎の急展開(笑)

最初のうちは指示通りに、チーズとミニトマトを串に刺すという作業をおとなしくこなしていたのですが、それまで準備していた女性2名がどうやら料理が得意ではないと薄々感づく私。
アボカドの種を取るくだりぐらいから、気付いたら包丁の主導権を握っておりましたよ・・・!

「オレンジもあるのよ~。なんかオシャレな感じにカットできるかしら?」と、オレンジがゴロゴロ出てきたので、たかねぇに教えてもらったオレンジバスケットに挑戦しました。
3個やって、1個目は失敗しちゃったけどww
e0160262_0385892.jpg

[PR]
by origanese | 2013-06-02 00:46 | Museum・Gallery | Comments(2)