遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese

花師にして絵画修復師
e0160262_227515.jpg銀座の花師にして絵画修復師という
二つの顔を持つ男が主人公の話。
依頼された絵画修復をめぐって
いろいろな事件に巻き込まれます。

絵画修復に纏わる謎。
裏の裏をかく美術ミステリー。


北森ファンお馴染み「冬の狐」も出てきます。
というか、主人公 佐月恭壱のもとに
厄介ごとを持ち込むのが彼女だったり。
[PR]
by origanese | 2010-09-08 22:27 | BOOK
<< 銀座・手仕事直売所 小さな装丁遊び 『百人百装』 >>