遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

百花繚乱 -桜・牡丹・菊・椿- 展
e0160262_18421112.jpg初めて山種美術館に行きました。
四季折々の花の絵を集めた企画展です。

第一展示室では梅からスタートして季節順にいろいろな花の絵が。
梅の花やらを見つつ、頭に浮かんだのは、先日お邪魔した絵画教室で先生が言っていた「シュッ、シュッ、ヒラヒラッ」という声(笑)

きこりんのCMでおなじみ醍醐寺の桜ですが、奥村土牛が描いた「醍醐」の展示があり、クローン桜の実枝をアクリルに閉じ込めたものもあり。

第二展示室では牡丹の絵ばかりをまとめて展示していたのですが、
川端龍子の「牡丹」が印象的だった。

そして、山種美術館で楽しみにしていたのがコレ。
ミュージアムカフェでその時の展示会の内容に合わせた和菓子が食べられるのです。
5種類ある中から、今の季節と今日の天気に合わせて選んだ“あじさい寺”。
山口蓬春「梅雨晴」をモチーフにしたものです。
e0160262_1965539.jpg
その他には、酒井抱一「菊小禽図」から“菊慈童”、福田平八郎「牡丹」から“楊貴妃”、速水御舟「椿ノ花」から“紅椿”、小林古径「菖蒲」から“花しょうぶ”があります。
[PR]
by origanese | 2011-05-29 19:14 | Museum・Gallery
<< 日曜日の野菜直売所 映画 「イヴ・サンローラン」 >>