遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ウィーン工房1903-1932─モダニズムの装飾的精神-」展
最近立て続けに面白い企画展が続いていて、汐留ミュージアムの常連になっています。

ウィーン工房は、建築を中心にインテリア・ファッション・食器など生活タイルの総合芸術を掲げて活動したデザイナー&職人の企業集団。
家具や食器は、シンプルなんだけどどこかにちょっとしたアクセントが入っていたり、個性的なフォルムだったりして面白い。本の装丁も幾何学模様の箔押しがお洒落。アクセサリーも良かった。

ポスターの背景にボヤけて写っている格子柄は、建物の模型か何かかなと思っていたら、花器でした。
e0160262_2355659.jpg


今度の「今和次郎 採集講義」展も面白そうなので、要チェック。
[PR]
by origanese | 2011-11-13 23:09 | Museum・Gallery
<< 新マンガ日本史 より。 「トゥールーズ=ロートレック」展 >>