遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese
リンク
カテゴリ
BOOK
手製本工房Origane
旅行・散歩・食べ歩き
Museum・Gallery
建築探訪
HandMade
神楽坂
sweets
Animal
SOCCER
Music・Movie・DVD
PARTY・祭り
花・植物
写真展
OTHERS
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今 和次郎 採集講義 展
今和次郎については詳しいことを知らなかったけど、1つ前の企画展のときに「東京銀座街風俗記録 統計図索引」の載ったポスターがインパクト大で興味を持った。
その立体模型もあって、おもしろかった。

民家のスケッチ、線は万年筆かなぁ。
あんな画がサラサラっと描けたらかっこいいなぁ。
民家にしても人物にしても、「普通」のものをこれだけ細かくしらべるっていうのがすごいよね。

積雪地方の調査資料の中に、積雪時に雪に埋もれる「雪下室」の話があったんだけど、少し前に、豪雪地域の家をリポーターが取材して、雪で1階が埋もれるから1階の天井がすごく高いことや、高い位置に明り取り用の窓があるのを紹介していたTVを見たことを思い出した。
この展示が決まったときには、今年が大雪になるなん予想していなかったんだろうけど。。
今が生きていたら、雪害にどんな提案していただろう。

そういえば、庭の芝生にツゲのテーブルを植付けて、緑のテーブルを作ったっていう、これはいつか真似したい・・・!
e0160262_1414159.jpg

[PR]
by origanese | 2012-02-05 14:20 | Museum・Gallery
<< ウ・オ・レ 次郎長最中 >>