遅咲きの本の蟲で、奇譚好き。故郷は浜北(現浜松)。たまに手製本修行。
by origanese

漱石が上野で聴いた「ハイカラの音楽会」

明治45年9月6日 音楽学校奏楽堂で漱石が聴いたコンサートの追体験というプログラム。
漱石好きの楽器吹きには堪りませんよね。笑


歌劇『魔弾の射手』序曲 /ウェーバー
ピアノ協奏曲第1番ト短調Op.25 /メンデルスゾーン
アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525 /モーツァルト
流浪の民 /シューマン(石倉小三郎訳)
チェロ協奏曲第1番イ短調Op.33 /サン=サーンス
前奏曲 / コラール / フーガ /J.S.バッハ=アーベルト


漱石役のバリトン歌手が進行。

高砂や〜と唄いながら自転車に乗って舞台をハケる漱石。

アンコールで蛍の光をめっちゃいい声で歌う(だってバリトン歌手だしw)漱石。


作品のことも紹介してくれたりして、楽しかった。

漱石が音楽にも造詣が深かったおかげで、こんな企画もできちゃうんだねー。

↓ユンケル氏寄贈のティンパニ↓
e0160262_21130828.jpg
明治45年のプログラムとか、楽譜とか♬↓
e0160262_21130814.jpg


[PR]
by origanese | 2017-10-15 21:11 | Museum・Gallery
<< ぶらり仙台。漱石周辺の旅。 藝工展2017 >>